意思あるところに道あり

50を過ぎたオヤジが、自転車やブルベなどなどについて適当に書いています、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





BRM1009 埼玉400km アタック三保 完走

BRM1009 埼玉400km

2011年 最後のブルベ「アタック三保」に出走しました。

三連休のなか日、10月9日(日)
03:0 自宅を出発。
05:00 豊水橋着。(車載デポ)

体調は最悪でしたが、BRM917千葉600(喜多方)を都合でDNSしてしまったこともあり、これが今年最後ブルベなので、是非とも走りたかったので、気合いで豊水橋に来ました。

1009 002

受付けを済ませ、スタミナドリンクとともに薬物(風邪薬)を服用。

ブリーフィングのあと、ポンプを忘れたため、近くの方に借りてエアー満タンに。
1009_02.jpg









車検を受けて、06:00 スタート。
信号待ちなどで、ほどなく高速トレインに強制連結されてしまう。
辛い・・・。
体調不良(風邪)のため、少しの昇りで即座にちぎれました。(というか無理せず 自ら離脱)
あとはマイペースでのんびりと最初のPC1を目指します。

10:24 なんとかPC1に到着。
走行中、咳も鼻水もあまり出なくて一安心ですが、なんとなく体がダルい・・・。

PC1では、このあとに山伏トンネルまで辛い登りがあるので、朝からですが、がっつりとカツカレ-を食べてエネルギー補給しておきました。
PC1


10:50頃 PC1を出発し、PC2に向かいます。
とりあえず目先の山伏トンネルまでの登り坂をなんとかクリア。
山伏トンネル


山中湖にでましたが、あいにく富士山は雲に隠れて見えませんでした。
1009 005


富士吉田では「吉田うどん」の看板にそそられましたが、胃袋の中は先程のカツ丼で満杯だったので、残念ながらパスしました。
富士急ハイランドで「落ち物」で喜ぶ人たち。
1009 007

道の駅「なるさわ」までダラダラと登り、人穴から富士宮へ向かいます。
左手の乗馬センターを過ぎてから5キロほどの県道は、私が日本で一番好きな道の景色です。

1009 008

交通量が少なくて、両脇の木々が道路を覆い、V字に見える青空には白い雲が・・・。
一年を通じてとても景色が良いのですが、特に春から初夏にかけての青葉の頃がとても美しくて大好きです。
道路の両脇に目をやるとそこは原生林で、苔むした木々の根に陽光が射す様は、ジブリ映画の中に描かれる世界を彷彿させる景色です。

でも、実は自転車で走ると結構アップダウンがあるのでキツい場所です。

景色を楽しみながら走ると、朝霧高原からは本格的な下りで快適です。
ミルクランドでソフトクリームを食べたかったけど、めちゃくちゃ混んでたので諦めて、そのまま下ってPC2に到着。

1009 009

PC2では、天ぷらソバとか食べてしまい「富士宮焼きそば」を入れる胃袋の場所を埋めてしまった・・・。

1009_pc2.jpg

天気が良くて気温も上がってきたし、これから海抜0mに向かうこともあったので、アームウォーマーとニーウォーマーを脱ぎました。

13:45頃 PC2を出発して清水(三保)に向かいます。
途中の芝川(第2東名)あたりに少し登りがあるだけの、ほとんど下り区間です。
下りきって、清水の市内に入るとほんとに暑くなってきました。
途中、清水ガードを登らずに、わき道を左に入り、あの有名な(?)高田のソフトクリーム(スペシャル170円)を食べて、
離脱

高田ソフト

隣の武田の生フルーツジュース(メロン170円)を飲んで休憩しました。

タケダ フルーツ
(清水っ子の定番コースですね。)

少しひんやりと涼んだところで、三保に向かい 15:40頃にPC3に到着しました。

ここPC3までは距離が200kmですから、18:00時頃の到着を予想していましたが、富士宮からずっと下りなので予想より2時間以上も早く到着することができました。

PC3

ここでは、季節のスイーツ「栗入りプリン」とコーラ、アップルパイで済ませました。
PC3手前にある「鐘庵」というソバ屋で「さくらえびのかき揚げそば」でも食べればよかったのでしょうが、暑くてとても胃が受け付けませんでした・・・。

さあ、ここまで来ました。というか来てしまったからには、もうがんばって帰るしかありません。
16:05頃 PC3を出発しました。

途中、興津でまたまた和風スイーツの王様「鯛焼き」を食べて栄養補給して52号線の登りに向かいます。
ここから芝川までの登りがけっこうキツかったです。
下って富士川を渡るとPC4(PC2と同じファミマ)までの登りです。
ついさっき快調に下った坂を今度は登り返します。

途中、日が暮れたので自販機前でヘルメットライトを付けたり夜間走行準備をして小休止しました。

夜間走行準備のため小休止

GARMIN充電
EDGE800を充電


富士山を見ると、昼間は雲に隠れていましたが、月夜にクッキリと美しいシルエットが見えました。
その後、ひたすら登り続けて、なんとかPC4に到着。

PC4

PC4のファミマでは、ご飯ものなど、あまり食べ物がなかったので、カレーまん1個だけ食べました。
咳止めの粉末薬を飲んで、夜に備えて寒さ対策としてアームウォーマーとニーウォーマーを装着して御殿場のPC5に向けて早めに出発しました。
(以前、どなたかのブログでPCで体を冷やさないことも大切、みたいなことが書かれていたことを思い出しました。)

富士宮のPC4からPC5までは、十里木までコンビニや街灯のないダラダラ坂を登って御殿場まで行く単調な区間です。
夜間で体が冷えたのか、鼻水が出始めました。そのうち、止めどもなく出てくるようになり、おそらくトップチューブは鼻水まみれだったと思います。
途中、鼻水爆弾が右足のシューズに着弾したのを目撃しました。(汚)
富士山の東側に廻りこんできたためか、この頃から、ポツポツと雨が落ちてくるようになりました。
そのうち、咳も出始めたので、登りのピークと思われる街灯のある場所で たまらず停車して、固形の風邪薬を2粒飲みました。

1009 015

一粒手からこぼれて草の上に落ちてしまいましたが、拾って飲みました。
風邪薬


しばらく走ると、PC4で飲んだ咳止め薬と今飲んだ風邪薬が相性が悪かったのか、体の中でケンカしているようで、気持ち悪くなり、ゲロ吐く寸前でしたが、なんとかこらえて「仁杉」を左折して国道138号線を走り 21:10頃 PC5に到着しました。

PC5

「仁杉」からPC5のコンビニまでは、車道にエスケープが無いし、路肩はうねっているし、登りだし、後ろからは大型バスも来るし、おまけに反対車線は連休の大渋滞だし・・・。
最悪でした。
PC5ではこの後の「籠坂峠」に備えてパンと「しじみの味噌汁」で補給しました。
しかし、相変わらず、渋滞と交通量の多さで出発する気になりませんでした。
しばらく 他のブルベライダーの出発を見送っていましたが、見ていると、やはり、すぐに後ろから車が追いついて・・・。
・・・・。

PC5から出発するのに気持ちの整理が必要でした。
ここでしばらく仮眠しようかな、とも思いましたが、さすがにまだ時間も早いし、うるさいし眠れるハズないので意を決してスタートすることにしました。
、車の途切れたタイミングを見計らって走り始めましたが、少し登ると路肩が広がり、反対車線の渋滞もなくなり、追い越す車も流れるようになり、安心しました。

少し走ると高速との分岐に到着しましたが、前方から何人かのブルベライダーが降りてきました。どうやら集団ミスコースの方々のようです。

左の国道に入り、「須走」を左折すると、いよいよ帰りの山場「籠坂峠」の登りです。
標高は1100mくらいまで上りますが、距離が長いので勾配はきつくありません。
相変わらず鼻水が出ていましたが、埼玉ジャージの二人連れの方に引いていただき、なんとか「籠坂峠」をクリアしました。

籠坂峠

あとは下り基調だと思うととても気が楽になりました。

山中湖まで2キロほど下り、「平野」交差点を右折して間もなく、山伏トンネルに到着。
ここから先、道志みちの長い下りに備えてトンネル手前で一旦停車して「ウィンドブレーカー」を羽織りました。

PC6までの下り道は、霧雨か、ポツリポツリと雨が落ちていましたが、道路が濡れて水溜りもあったので、早い時刻に通過した方は、けっこう雨に降られたんではないかと思いました。
PC6には 0時40分ころに到着。

PC6

ここのコンビニには食料が豊富にあったので、おにぎりを食べました。
あまりたくさん食べると眠くなるかな?とも思いましたが・・・。
あとはゴールまでなので、ここでは少しゆっくりと休みました。
なぜゆっくりかというと、ここのコンビニのトイレはウォシュレット付きでした。!
ブルベ中、各コンビニでトイレチェックしますが、最近はどこもとてもきれいなトイレが多くなりましたが、さすがにウォシュレット付きはなかなかありません。
せっかくめぐり合った貴重なウォシュレット!
是非とも利用したいところですが、いつまで待っても都合よくその気にならない(便意が来ない)ので 諦めて出発することにしました。

雨は霧雨程度でしたが、路面には大きな水たまりができていましたので、結構降ったんだなぁと思いました。
雨具を持っていなかったので、「遅くて良かった!」と貧脚に感謝しました。(笑)

30分以上ものんびりと休憩して、ようやくPC6を出発。

単調な下りで車も少なく、すぐに「青山」に到着、左折。
ここから先、ゴールまでは、適度にアップダウンと右左折があったので眠気にも襲われず、のんびりと走りました。

そして 午前4時頃にゴール地点の豊水橋に帰ってくることができました。
ゴール受付けでは、おいしい豚汁をご馳走になり、生き返ることができました。
AJ埼玉スタッフのあたたかいおもてなしに感謝です。

着替えを済ませた後、駐車場で仮眠してから帰ろうか迷ったけど、渋滞する前の時間帯に車を走らせることにして、6時過ぎに自宅に到着することができました。
愛犬がうれしそうにお出迎えしてくれましたが、散歩は後回しにしてもらい、即座に寝落ちさせてもらいました。

今回、BRM1009 埼玉400km アタック三保 の感想ですが、
吉田うどん、富士宮やきそば、清水のまぐろ、さくらえびなどなどグルメコースだし、アップダウンのある、とても楽しいコースでした。

ブルベでなくても、清水でゆっくりと一泊するサイクリングコースにすれば、とても楽しめるコースだと思います。 (帰りの御殿場「仁杉」から「須走」まではガマンです。)

AJ埼玉スタッフの皆様 お世話になりました。
一緒に走ったブルベライダーの皆様 ありがとうございました。

1009_001.jpg

1009_003.jpg

1009_002.jpg



2011年のブルベは全部で14のBRMを事故無く無事に走ることができました。
関連記事

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandypbp.blog40.fc2.com/tb.php/62-1427a69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。