意思あるところに道あり

50を過ぎたオヤジが、自転車やブルベなどなどについて適当に書いています、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





2011 BRM423 青葉400km (御坂みち) 完走しました

2011年4月23日 青葉400km(御坂みち) ~荷物との戦い~

2011 BRM423 青葉400km (御坂みち)」(Velo Club Randonneurs Aoba)

前日からの天気予報では「雨」。
案の定、起きると外は雨が振っています。

そそくさと支度をして、自宅を出発、最寄り駅まで走行して適当にパックしてJRにて輪行。
05:14始発電車にて登戸に向かいます。
20110423_045956.jpg

20110423_052631.jpg

二ケ領せせらぎ館に到着、受付けを済ませると、06:30からブリーフィングが始まりました。
ブリーフィング

車検を済ませ、07:00 400km先のデニーズに向けてスタートしました。

PC1までは雨が降ったり止んだりといった空模様のなか、街中のルートで信号が多くあり、自然とトレインとなって走行しました。
PC1では、多くのブルベライダーがほぼ同時に到着するので大変な混雑です。
皆さん 雨具を脱いだりしていました。

混雑するPC1を早々に出発してPC2に向かいます。
最初の峠である山伏峠を越えるとPC2に到着です。
山伏峠

20110423_115853.jpg

20110423_114347.jpg

相変わらずの空模様で ”くもり 時々 雨 ”といった感じです。
温かいカップラーメンを食べました。

PC3を目指します。
PC3にはPM3時半頃に到着しましたが、お目当ての峠の「釜めし」がすぐ先にあるので、ポカリの補給だけで、早々に出発します。
20110423_152714.jpg

20110423_152647.jpg

さあ、いよいよ「釜めし」です。
おぎのやの店内に入り、ゆっくりと食します。
20110423_154747.jpg

20110423_154825.jpg
やはり とてもおいしかった。

ごちそうさまでした。
20110423_155921.jpg
ブルベでは さすがに重くてお持ち帰りできませんね。

すっかりくつろいで大休止のあと、PC4に向かいます。
ここからは碓氷峠(旧道)です。
序盤、中山道の町並みは車も少なく風情があっていいですね。
また途中の「めがね橋」も見ごたえがありました。
めがね橋

斜度も3~5%程度でしょうか?、直坂と違い、つづらおりの道は変化があるので、とても登りやすい峠でした。
伊豆半島の付け根、湯河原から大観山に登る「椿ライン」と似たような感じの登りで、たしかに標高は登りますが、距離が長い分、楽に登れるため、私は好きなタイプです。
(ただ、大観山は、モーターバイクが多くて・・・)

この峠では、黄色いレインウェアーの方に曳いていただきました。
20110423_171448.jpg

とても脚のある方で、なんとかかんとか付いていくことができました。

いくら好きなタイプの坂でも登り続ければしんどいです。
ここではカーブごとに看板があるので、あとどれくらいかわかります。

もうピークかな・・・と
「148」
20110423_171313.jpg

20110423_171335.jpg

20110423_171355.jpg

20110423_171407.jpg

まだまだ「183」が・・・
20110423_172303.jpg

とうとう最後 「184」です!
184

下れば「軽井沢」です。
20110423_172348.jpg

雨の軽井沢を抜け、佐久を通過し、清里に向けて野辺山の登りに入ります。
途中、コンビニに一旦停車して、GARMINのバッテリーに給電します。
給電

この頃になると雨が非常に強くなり、路側は水溜り、暗闇で視界は不良と最悪なコンディションでした。
たまらず、自販機の軒先で雨宿りしながら進みました。

なんとか野辺山に到着。
JR最高駅
JR最高駅

JR鉄道最高地点
JR鉄道最高地点

ここからは下りです。!
途中、通過チェックがありました。

近くに仮眠所がありましたが、
風呂に入って着替えて休憩したらきっと走り出せなくなってしまう!
と、考えて、このまま進むことにしました。
下りきって国道20号をPC4に向かいますが、下りくったあたりで雨が止みました。
途中で眠気覚ましのコーヒーを飲むためと着替えをするためマクドナルドで小休止。

着替えたので、少しだけすっきりしてPC4に到着。
20110424_010158.jpg

20110424_005626.jpg

ここまで290kmほど走ってきました。残りはあと110kmくらい。
しかーし! ここに大ボス「御坂峠」を越えなければなりません。

がんばって御坂峠を目指します。
登り口で少し道に迷い、例によってミスコースしました・・・。

御坂峠はキツく、途中何度も停車してガードレールに手をついて休みながら登りました。
なんとか「御坂トンネル」に到着。
御坂トンネル

20110424_025139.jpg
(トンネルは温かかったけど長かった。)

御坂峠を下り、山中湖までダラダラと登り、なんとか時間内にPC5に到着することができました。
20110424_044252.jpg

20110424_043149.jpg

あとは、道志みちを下って、ゴールのデニーズに向かいます。
最後の「山伏トンネル」
20110424_052031.jpg

なんとか時間内にゴールすることができました。

デニーズでは、TIMEの方とフラットバーの方、MTBライダーの方と雑談してから解散しました。
(※ 実は、PC5のクローズタイムがけっこうあぶなかったんだよねぇ~ etc.)

解散後、自宅まで自走しましたが、天気はすっかり晴れて暑い!

おまけに、リアのTOPEAK ダイナパックDXに積んでいる濡れた衣類がチョー重い!
自宅に帰り体重計に載せて計測したところ、3.5KGもありました。!






RC青葉のスタッフの皆様 大変お世話になりました。

一緒に走ったブルベ参加者の皆様 ありがとうございました。

(感想)
野辺山の標高から気温が低くなるので防寒対策が必要なことに加え、雨のためにレインウェアーとか着替えとかを準備したので、これを収納するのに、TOPEK ダイナパックDXを装備した。
デカい!。 たしかに収納力は申し分ない。
が、しかーし! 入るから入れる。これにより重装備になり とにかく重い。!
しかも途中の着替えも送り返すことなく、持ち帰ったので、濡れた分だけ余計に重い!
御坂峠の登坂がとても苦しかったのはこの重さのせいかもしれない・・・。

(反省と今後の対策)
今後、ダイナパックDXは封印!(使用禁止)
荷物は最小限に削ることとし、できるだけ軽量化すること!
せめてコントアーマグナムまでに制限する。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandypbp.blog40.fc2.com/tb.php/48-4bd9b16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。