意思あるところに道あり

50を過ぎたオヤジが、自転車やブルベなどなどについて適当に書いています、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





完走しました 静岡600km 軽井沢(2011)

なんとか完走しました。( 2011 BRM723 静岡600km 軽井沢

(※ 7月30日 取り急ぎ完走記から修文しました。)

2011年は7月22日(金)23:00から受付けが始まりました。
受付けの様子

23:30からブリーフィングです。暑さ対策がポイントのようですね。
20110722_233110.jpg


2011年は7月23日(土)午前0時に袋井をスタートしました。
(サイコンによれば、気温は21.0度C)

20110723_005854.jpg

20110723_005901.jpg

序盤、夜行特急(トレイン)に乗って、でPC1に到着。(AM03:16)

PC1から新野峠、平谷峠を越えてPC2飯田到着 (AM8:06 気温はすでに26.0度)

PC2から細かなアップダウンでPC3岡谷に到着。(23日12:02 気温35.0度!)
暑い! この暑さ! 当然 昼食は冷し中華!
太陽が高く、少ない日陰を探して・・・。

PC3からは、ボスキャラ(?)和田峠を超え、浅間山のふもとをゆっくりと昇ってPC4軽井沢へ。

和田峠は暑かった!!!
あまりの暑さに登りの途中で一旦停まり、「秘密兵器(クールタオル)」を装着しました。!

cool_tow.jpg

Amazon ■ ひんやり クールタオル(ブルー) SK-1006 熱中症対策に!
これを濡らして首から胸の周りに巻いて・・・
ほほぅ・・・。 登りではけっこう涼しくなりましたよ。

頂上では ”ぜひとも記念の写真を撮りたかった”のですが、背中のポケットに入れていたカメラのレンズカバーを開けると・・ ゲッ! なんとレンズが曇ってしまっていました。(がっかり・・・)

気を取り直して 和田峠を一気に下りました。
下るとけっこう風がありました。追い風と下り基調のため快適でしたが、小諸に向かうと向かい風になり、さらに軽井沢までダラダラと登ります。
けっこうツラかったなぁ・・・。
向かい風もけっこうあったし、トラックがスピード出して追い越して行くので・・・。

えっちらおっちらとナンとか登り続けて、ようやく折り返し点に到着。
すでに夕刻18時。
GARMINによれば、ここまですでに獲得標高は5,000mを超えています。!(ひぇ~!昇ったなぁ・・・)

AJ静岡スタッフに通過チェックを申告して、早めの夕食をとりながら 仮眠場所とかこれから先のコースの難所などについて教えてもらいながらまったりと休憩。
(スタッフの方によれば、さすが軽井沢ですねぇ! 高級車がたくさん走ってますよぉ~。とのこと)

でもね、軽井沢の街を走る車は、自転車にやさしい走りとは思えませんでしたよ。

さて、夕暮れとなった軽井沢から袋井目指して帰り道。

軽井沢から富士川沿いの道は、青葉400(御坂みち)で走ったことがあることと、下り基調なので快調に走れました。
途中、暗くなってきたので、二度目の夜間走行に備えて、ライト類の電池を交換するために一度コンビニに停車しました。
さて、と再び走り出すと、なぜか キャッツアイのサイコンが不調に。(弄ってないのに・・・)
スピードを検出しません。
少し調整しましたが直らないので、ままいいかっ!、と諦めて先に進みます。

その後、しばらく走っていたら なぜか勝手に直りました。(???)
ブルベでは予期しないいろいろなことが起こりますね。
走れなくなるようなメカトラだと困りますが、サイコンなどは、走りそのものには関係ないのでまあいいのですが・・・。

佐久、野辺山、清里を越えて PC5(南アルプス市)に到着。(24日午前0時)。

途中の野辺山では、恒例の記念撮影(JR標高最高地点)を行いました。
JR野辺山駅

JR鉄道最高地点(標高1,357m)

空を見上げると雲がでていましたが、少し星を見ることもできました。
自転車のヘッドライトを消すと真っ暗になり、より一層 星が綺麗に見えました。
さすが天体観測の聖地です。

野辺山のピークを過ぎ、下りはじめて間もなく、清里では「ロッジコスモス」と「エフェメール」をチラ見しました。
(さすがに寝静まっていました。)

PC5までスタートから24時間走ってきました。
野辺山付近の気温はサイコンで14度くらい(実際は11度位かな?)でしたから 昼の暑さに比べるととても涼しいかったです。

PC5では、野良ネコたちと一緒に深夜食(カレー)を食してエネルギー補給。
PC5ではブルベライダーはだれもいませんでした。
まったりと大休止の後、PC6に向けて出発。
眠くなってきたので、適当なバス停などを探しながら寝静まった街をノンビリと走ります。
途中、20分ほどでしょうか? バス停のベンチで横になりました。

起きて走り出したところ、"寒い・・・"。
上に何か着ようか迷ったけど、そのうち温まるだろうとガマンして走ります。
温まってきたので富士川沿いの52号をガンガンペダルを踏んで快調に走ります。
途中、眠そうなブルベライダーを一人追い越しました。

波高島を過ぎ、アップダウンを繰り返し、富士川に別れを告げて興津へ。
このあたり、神奈川600km(沼津クラシック)でも走りましたが、アップダウンの繰り返しとたまに少し登りのある、ミニコースーターみたいで、変化があってとても楽しいので好きなルートです。

ところで、波高島ですが、「ナミタカシマ」と読むと思っていましたが「ハダカシマ」でした。
深夜にハダカとは! 思わず一人で興奮してしまいました。!
ほかにも"内船"は「うちふね」かと思っていたら「うつぶな」であったり
などなど、読み方を勘違いしていたところがたくさんありました。

さてさて、海抜0mまで下りも終わり、清水からイチゴロード(久能海岸)、大崩れ海岸を越えて なんとかPC6に到着。(AM7時)

イチゴロードは向かい風が強いとキツい区間なので、なんとか早朝の朝凪の時間帯に通過できればいいなぁと考えていました。
幸い、風は弱く快適なサイクリングでした。
清水からイチゴロードまで多くのサイクリストが走っていました。

とうとう というか、なんとか545km位走ってきました。
いよいよ あとは ゴールまで50kmほどです。

天気は少し曇り気味ですが、湿度が高いのかジメジメと暑いです。
日が高くなって暑くなる前にゴールしたいところです。
意外とキツかった静岡空港の登り坂をなんとかクリアして、眺めの良い景色を見ながら快適に下って掛川へ、
そして袋井の親水公園に無事に到着することができました。

ゴール地点では、AJ静岡スタッフの心温かいおもてなしを頂き、いつもながら感激しました。

AJ静岡スタッフの皆様 大変お世話になりました。
また、一緒に走ったブルベライダーの皆様、ありがとうございました。









(感想)
600kmは 「BRM514神奈川600(沼津クラシック)」、「BRM528千葉600(茂木裏)」に続いて3回目ですが、とても楽しい(走りがいのある)コースでした。

いつものようなミスコースをしなかったのでとてもうれしかった。
走行距離
(※ 途中 検出しない区間が2kmほどありました。)

20110725_093550.jpg

< 2011年 12月10日 写真追加 >

DSC_0060.jpg

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandypbp.blog40.fc2.com/tb.php/35-d5a07581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。